ダンスの誤解

アンブラップの歌手やバックダンスの多くは参考にはなりません。ショーアップさせるために別の動き取り入れ、数人で合わせてショー化しているからです。

特にソウルトレインのラインダンスはパフォーマンスであって当時流行のダンススタイルでは無いものが殆どです。

庶民のダンスであったアンブラップダンスはクラブで踊られていたので、当時のダンス映像は極端に少ないのです。

ダンスを知らない人には地味で理解し難いダンスなので、メディアで取上げられることは稀なのです。

日本と同じで、アンブラップもディスコダンスのように踊る人が殆どでした。ダンス上手は曲と場所(踊れる曲の店)を選びます。 一般のディスコ、クラブで踊ることは殆どありませんでした。

その上、好みの曲でなければ踊らなかったので、昔も見ること難しかったのです。たとえ踊っているのを見てもダンスの型を知らないと何もわからないと思います。

曲に合う動きが流行するとダンス上手が急速に淘汰します。その淘汰されたダンスの完成型を知らなければ、中途半端なディスコダンスで終わるのです。

誰がダンス上手か判らないので、ダンス上手と自慢する下手なアンブラップに教わった人が多くいます。今でもクラブダンスが進化しない最大の原因です。

最近の歌手のプロモーションビデオは1~2秒のカットが多く、振りであってダンスしているのではないのです。

ギャングスターのような動きはダンスではありません。 ラップ歌手が使ってますが、 ダンスを踊りながらの不良のような振りなのです。

ニュースクールと称したヒップホップのダンススタイルが多く紹介されています。その多くが昔のディスコダンスを緩く踊っているだけです。

それに中途半端なポップロックや手を床に付けることでブレイクのスタイルと連携させ新しいように見せているだけです。

ダンスを紹介しているサイトは多数ありますが、殆どが本当のアンブラップではありません。多くが中途半端なディスコダンスです。

流行中に淘汰されたダンスを知らなければ本物では無いのです。

アンブラップのダンスは男女が向かいあって踊る社交ダンスが基本です。一緒に踊ることで、楽しく向上できるのです。

同じ曲調の合う型をダンスするのですが、個々のフィーリングとレベルに違いがあるから楽しいのです。