ダンスの練習

基本のダンスを数種類から10種類程度、夢に出る位踊れるようになることが最初の練習です。

それぞれのダンスの動きを明確にできなければ他のダンスに応用できないからです。

ダンスの種類を多く知っていれば同類のダンスと混ぜることができ、ダンスのバリエーションが増えるからです。

他のダンスと同じでディスコダンスのレベルで数年かかります。基本型と基本のステップ(それぞれのダンスを踊りながら使うため)を使えるには、さらに数年必要です。

一番大切な感性、フィーリングが難しいのです。黒っぽい、ソウルフルな表現ができるようになれるかは、ソウルフルなダンス向きの曲を好きになれることが重要です。

最適の曲に合わせ強弱と抑揚を加え、同類のダンスを混ぜて応用できるようになるまでには長い年月を必要とします。

ダンス上手になりたければ上手な人と一緒に踊ることが最大の練習です。見るだけで理解できるのは自分より下手な人のダンスだけです。

ヒップホップの曲の良い所取りと同じで、ダンスの一部の動きやステップを知る若者が多いので、曲が好きなら早く踊れるようになると信じています。